Menu

タクシーに乗る人は浪費家か

タクシーに乗る人を浪費家だと批判する人がいます。
しかし、私はタクシーにお金を使う人はお金と時間の両方を大事にする人だと思います。
なぜなら、タクシーは時間を有効活用し、体力をセーブする手段だと考えるからです。
タクシー代は全然惜しくない出費です。
例えば、あなたは魅力的な会社の求人に応募していたとします。仕事内容が希望通りで、給与が高いめったに出会うことのない求人です。あなたは運よく書類選考を通過し、明日面接を受けることになっています。
今日は現在勤めている会社での勤務が終わり、今から帰宅するところです。しかし、先ほどから強い雨が降りだしました。あなたは傘を持っていません。会社から自宅までは徒歩15分です。さあ、価値観が試されます。コンビニで500円の傘を購入し大雨の中、歩いて帰宅しますか。それともタクシーをつかまえて、代金1000円を支払いますか。私なら、後者を選択します。短期的な視野で見ると500円の傘を購入して歩いて帰宅する方が安上がりです。でも天候が悪い中、傘をさして歩くと風邪をひく可能性があります。風邪を引いて病院にかかると医療費がかかります。そして翌日の面接に悪影響が出るかもしれません。めったに出ないその求人を逃すことは、機械的損失が大きいですね。タクシーに乗るという選択ができる人は、長い目で見た判断ができるある意味節約できる人なのかもしれません。