Menu

フリーランスエンジニアのお仕事の仕方

フリーランスエンジニアのお仕事のもらい方についての体験談になります。まず、エンジニアの分類が何であるかをフリーランス支援サイトに登録することから始まります。

この時、サーバーエンジニアであるですとか、過去の職歴などをフリーランス支援サイトにてPRできるように書きます。この時、フリーランスエンジニア支援サイトによっては自分が使用しているパソコンのOS,スペックなどを詳細に記載しないといけないものなどもあります。これは、多分ですが、お仕事を企業が依頼する際、対応できるOSがなんであるかをお仕事を提供する企業側に分かりやすくするためのものだと思います。

このように、フリーランスエンジニアとして働く際、支援サイトなどに登録して企業に自分を売り込みます。未経験の方がフリーランスエンジニアを支援するサイトに登録することができるかどうかですが、テストがあるサイトなどもありますので、未経験でもプログラミングなど技術があると認められるとお仕事をすることは可能ですが未経験の方で登録する場合、フリーランスエンジニアを歓迎している場所ではなく、フリーランサーにてお仕事を募集している場所、例えばSOHO支援サイトなどを利用したほうが未経験の方を支援している可能性があります。フリーランスエンジニア専門の支援サイトは主にすでにエンジニアとして活躍している人がメインですので業務経験がものを言います。

その為、業務経験があり、企業から求められている成果物などを提出するもしくは、企業に一時的に雇われ、機器を扱うことができるなどのほか、自宅にて機器をプログラミングできるなどそういった能力が求められます。私の場合、自宅にて家電製品のプログラミングなどの他、企業に出向き機器のメンテナンス業務を担ったこともあります。あとクライアントからの契約などはきっちりとしておきましょう。特にフリーランスに多い契約内容・労働環境は最低限チェックしておくべきだと思います。

では、初心者の方はエンジニアとしてフリーランスで働くことは無理なのかというと、そうではないです。soho支援サイトでは初心者の方向けのお仕事でCADを使用したマンションなどの間取り造りみたいなお仕事がありまして、一時期はかなり高給なお仕事で専門職としてありました。

このお仕事は現在でもありましてマニュアルがあり仕事をするものがあります。このように初心者を歓迎している場所もありますので、そうした場所で経験を積みCAD関連の資格を取得すれば資格をば経歴として十分フリーランスエンジニア支援サイトにて経歴として評価される可能性が高いということです。