Menu

「大好きなワイシャツは自分でアイロンがけしよう」

自分は紳士服が大好きで、スーツやワイシャツ・ネクタイ・サスペンダー・腕時計・ソフトハット・革靴・カフスボタン・ネクタイピン・鞄や財布・手帳等は一通り持っているのですが、やはり大切に使ってこそ愛着がますますわいてきますし、価値が上がるものだと自負しております。因みにスーツというのは本来はサスペンダーで吊るものなので、ベルトは野暮だ!と自分で勝手に心の中で思っております。(笑)

今日は休みなので久しぶりに衣料品の手入れをしてみようと思う。そこでワイシャツにスポットを当ててみよう。自分はシルク素材が好きなので、シルクのワイシャツを着用していますが、洗濯した後には必ずアイロンがけを心掛けています。

先ずアイロン台とアイロン・あて布を用意します。そして、ワイシャツをアイロン台の上に置き、あて布をしながらゆっくり、ゆっくりと丁寧にアイロンをワイシャツにかけていきます。アイロンの項目は必ず「シルク」という部分に合わせる事です。合わせないとドえらい事になってしまうのだ。20分くらいかけて丁寧にアイロンがけをされたワイシャツは、やはり「パリッ!」としていていい感じだ!これぞ素敵なワイシャツだと思いますし、次に着る時も頼むよ!とワイシャツに言いかけるのが、日常になっております。