Menu

切迫早産で人生初の入院!

現在、双子の赤ちゃんを妊娠中。5ヶ月です。
辛かった悪阻も少しずつ落ち着いてきて、これからはのんびり楽しいマタニティライフだ!と、思っていた矢先、今度は切迫早産で入院することに…。
妊婦健診時に「お腹の張りがかなり強いので今から入院して様子をみましょう」といきなりの宣告。
予想外ではありましたが多胎妊娠はリスクが高く急な入院もよくある話、と聞いており、車に常に入院セットを積んでいたおかげてバタつくことなくスムーズに入院(笑)
そして、人生初の入院生活は思っていたよりも辛いものに…。
一番悩まされたのが点滴。
切迫早産の際の点滴は張り止め薬が入っており、通常の点滴よりも刺入部の痛みがあるそうで、さらに私が痛がりなこともあり、24時間の点滴は本当に辛かったです。
あとは安静にしなければいけないので、トイレと食事の時以外は常にベッドで寝たきり。切迫早産での入院なので赤ちゃんが無事に産まれてくれるのか、と言う心配や不安を抱えながら過ごす時間は気が遠くなるほど長く感じました。
でも、こんな時に心の支えになってくれたのが、なんと言っても家族のお見舞い!
主人や両親、姉や甥っ子が毎日のように面会にきてくれて、10分15分と短時間ではあっても気持ちの切り替えができて、応援してくれる気持ちがただただ嬉しく入院生活を乗り切る元気をくれました。
そのおかげか1週間ほどで無事退院。
切迫早産での入院は数週間から数ヶ月にも及ぶことがあるそうなので、辛い辛いと言いながらもかなりのスピード退院でした。
今も自宅での安静生活ですが、自分の家で家族と過ごせると言うのはこの上ない幸せです。
数ヶ月後には更に賑やかになるのだと思うと、こんな妊娠生活も頑張って乗り切れそうです。