Menu

タクシードライバーになるかもしれない従弟

従弟はそろそろ就職のことを考えなくてはいけない時期です。会社に入って複雑な人間関係と毎日向き合うのには抵抗がある、少し性格が内気な従弟ですが、色々話しているうちにタクシードライバーはどうかという話になったそうです。タクシードライバーは営業所のようなところに仕事の始めと終わりのときに寄らなくてはいけませんが、それ以外は基本的にお客さんを乗せて運転するだけなので、オフィスでずっと人間関係がどうこうといった心配はないみたいです。その代りお客さんに困った人がいたらそれは大変でしょうけどね。でもどのお客さんもそう長く乗せているわけではないので、少しの間の我慢です。人間関係がやたらと苦手という従弟にとっては、例え20代でもタクシードライバーになるのも良いかもしれません。ある程度の年齢のタクシードライバーが目立つ中、若いドライバーがいても決して悪いことではありませんし、割と時間の自由は効く仕事なので私も良いと思います。