月別: 2019年3月

昔の友達の失礼な暴挙

Published / by onchi123

しばらく連絡の無かった友達から電話があった。結婚して子供が出来たんだって。全然知らなかった。今日まで連絡しなかったのは、独身の私に結婚が決まったことを言い出せなかったからだって。それはまたなんとも失礼な話だ。

それを何故、彼女は今日になって電話で話そうと思ったのだろう。幸せそうな声で、自分の夫がどれだけ優しくて素敵であるかや、子供が可愛くて素晴らしい生き物だと言うことを延々と聞かされた。ついに我慢が出来なくなって、その話がずっと続くなら電話を切りたいんだけどと言ってしまった。

すると、返事もなく向こうから電話を切られてしまった。全くもって失礼だ。その後すぐ、共通の友達からも電話があった。同じ目に遭っていたらしい。幸せ自慢だったのかなと二人で結論を出したけれど、モヤモヤは残ってる。いつか私も結婚して子供が出来て、幸せが溢れ過ぎたら、彼女のような失礼な暴挙を犯してしまうのだろうか。そんなことがないよう、今日のことは忘れずにいようと思う。

親が元気でいてくれることが幸せ

Published / by onchi123

親が元気でいてくれることはとても幸せなこと。わたしは自分が元気でいることよりも親が元気でいてくれる方が嬉しいんです。だって自分のカラダならまだ親よりも若さがある分なんとでもなると思うから。その点、親はわたしより老いているわけだから何かあったら大変。だから親の元気な声を電話で聞くとホッとするし、たまに顔を見に行って元気そうだと本当に嬉しいのです。

親がいつまでも元気でいてくれることは有り難いこと。現代は誰もが長生きできる可能性があるけど元気で長生きできる人は一握りです。100歳まで生きても10年20年寝たきりだったり、車いす生活や介護生活では本人も辛いし周りも辛い。そう思うと健康って他に変えられないくらい大事なことだと思うんです。

今のところわたしの親はとても元気です。70代に入りあっちが痛いこっちが痛いと言っていても自分のことを自分で出来る状態。いつまでも健康で長生きしてもらいたいです。

音声認識人形と話すようになった今日この頃。

Published / by onchi123

今日は雨。隣で音声認識人形の女の子が「桜の花は咲いた?」とか「ファイト!」とか「たまには窓を開けて空気を入れ替えない?」とか、タイミングよく指示を出してきたりして勝手に話しかけてくる。その問いかけに適当に返事をしながら、自分は毎日している仕事をする。この適度な声掛けは大変助かる。

物事に集中していると忘れてしまうことなどを「はっ」と思い出させてくれるからだ。本当は母用に購入したものだが、今は入院しているので私が預かっている。これは、思ったより便利な商品だ。年配の人しか使えないと思い込んでいた私は間違っていた。あっ、今、又話した!「おかあさん、優しいね。」だって。こんなこと誰も言ってくれない。自分にとって快適な事を言ってくれて気分が良くなるので、年配者でなくても一台そばに置いておくといいかもしれない。

本当は今日、スタッドレスタイヤを交換しに行く予定だったが、雨になってしまったので保管タイヤが濡れると嫌だから止めておいた。明日行くことにしよう。

サラリーマンの副業として多い不動産投資

Published / by onchi123

最近、少しずつ貯金も溜められるようになりました。
もう少し手元のお金を増やしたら、投資にもチャレンジしてみたいなと考えています。
例えば不動産投資なんてどうかなと考えています。
簡単にできるものなの?と少し不安に思う部分もありますが、株などと比べるとリスクは少ないようにも感じています。
まだまだ勉強不足なので、簡単にはチャレンジできないのですが、意外とサラリーマンこそ不動産投資を副業にしていると聞き、自分でもできるのかなと思うようになりました。
上手く行けば家賃収入だけでも生活していくことができるようです。
もちろん一筋縄にはいきませんよね。
所有者になるので、一定の責任が生まれるのですから。
でも、管理などは他の会社に頼めば副業として成り立てます。
家を建てるよりも、すでにある建物を購入して貸したりする方が一定の収入を得ることができるし、メリットは多いように感じます。

切迫早産で人生初の入院!

Published / by onchi123

現在、双子の赤ちゃんを妊娠中。5ヶ月です。
辛かった悪阻も少しずつ落ち着いてきて、これからはのんびり楽しいマタニティライフだ!と、思っていた矢先、今度は切迫早産で入院することに…。
妊婦健診時に「お腹の張りがかなり強いので今から入院して様子をみましょう」といきなりの宣告。
予想外ではありましたが多胎妊娠はリスクが高く急な入院もよくある話、と聞いており、車に常に入院セットを積んでいたおかげてバタつくことなくスムーズに入院(笑)
そして、人生初の入院生活は思っていたよりも辛いものに…。
一番悩まされたのが点滴。
切迫早産の際の点滴は張り止め薬が入っており、通常の点滴よりも刺入部の痛みがあるそうで、さらに私が痛がりなこともあり、24時間の点滴は本当に辛かったです。
あとは安静にしなければいけないので、トイレと食事の時以外は常にベッドで寝たきり。切迫早産での入院なので赤ちゃんが無事に産まれてくれるのか、と言う心配や不安を抱えながら過ごす時間は気が遠くなるほど長く感じました。
でも、こんな時に心の支えになってくれたのが、なんと言っても家族のお見舞い!
主人や両親、姉や甥っ子が毎日のように面会にきてくれて、10分15分と短時間ではあっても気持ちの切り替えができて、応援してくれる気持ちがただただ嬉しく入院生活を乗り切る元気をくれました。
そのおかげか1週間ほどで無事退院。
切迫早産での入院は数週間から数ヶ月にも及ぶことがあるそうなので、辛い辛いと言いながらもかなりのスピード退院でした。
今も自宅での安静生活ですが、自分の家で家族と過ごせると言うのはこの上ない幸せです。
数ヶ月後には更に賑やかになるのだと思うと、こんな妊娠生活も頑張って乗り切れそうです。

「やはり納豆には青ネギが一番!」

Published / by onchi123

自分は朝食に白米と納豆と味噌汁・青汁とマルチビタミン等を飲食するのですが、友人から「納豆に青ネギ入れてみれば?全然違うよ!」という何気ない一言がずっと気になっており、ちょっと気が向いたので「業務スーパー」に買い物に出かけて、ネギを購入しました。

そして、朝は時間がないので夜のうちにネギを包丁で切り、小さいタッパ(100均)に入れておいて、朝に起きて納豆の中にネギを入れてみました!そしたらいつもの納豆がより一層美味しくなりましたし、華やかにもなり、何か「日本人!」という感じの朝を迎える事が出来るものなんだな!と痛感しました。

いつもの様に白米の上にネギ入りの納豆をかけて食べると白米との相性も抜群に良いです!隣にある味噌汁を絶妙なタイミングですするのも、これまた「粋」なのです!(笑)食べる道具に関しても、割り箸ではなく塗り箸で食べるとこれまた雰囲気も違ってきていい感じになりますし、食べる道具によって食べ物も味が変わってきますよね!日本人に生まれて良かった!と思える朝を近頃は過ごしているのです。